jun shiraoka(100601-0627)

白岡順 写真展「梅雨と白雨」

Jun SHIRAOKA Photo Exhibition「 Pluies et ondée 」

2010. 6.1 - 6.27

siraoka_asakame.jpg

siraoka1.jpg

siraoka4.jpg


展覧会概要
ブルームギャラリーでは、開廊1周年を迎える6月に白岡順の個展を開催いたします。
本展では、長い海外生活から現在に至るまでに撮りためた写真の中から、厳選した作品30点を展示販売いたします。
白岡順の特徴的な暗いトーン、明るいトーンのモノクローム世界を是非ともご覧ください。
皆様のお越しをお待ち申しあげます。


《 作家コメント
梅雨、そしてにわか雨のころ、40年間の写真、私が見て、感じて、考えたものを展示します。
日々の生活の中で捉えたイメージ、そこに私の感性のふるえが表出されておれば、
そして人々に共感していただければ幸いです。 

                                      白岡 順

《 展覧会情報 》
会場:Bloom Gallery
会期:2010年6月1日− 6月27日
open
12:00 - 19:00
close
月・火曜日(6/1は開廊)

《 作家プロフィール 》

白岡 順
Jun Shiraoka

◆略歴
1944年 愛媛県新居浜市生まれ
1967年 信州大学文理学部 自然科学科物理学専攻 卒業
1972年 東京総合写真専門学校 研究科 卒業
1967年~1972年 関東学院大学工学部 基礎科目教室 物理実験助手
1972年~1973年 ヨーロッパ旅行
1973年~1979年 ニューヨークに滞在 コロンビア大学 American Language Program で英語を学ぶ(1973-1977)
New School for Social Research, I.C.P などでリゼット・モデル、ネーサン・ライオンズ、フィリップ・ハルスマン、ジョージ・タイスなどに
学ぶ(1974-1976)
ニューヨーク補習授業校で数学を教える(1974-1979)
1979年~2000年 パリに滞在 アルザス成城学園で数学を教える(1987-1989)
2000年 帰国
2001年~2009年 東京造形大学で写真を教える

◆個展
1980年 「野分のあと」 ニコンサロン銀座、東京
1981年 「白岡 順」 ギャラリー テックスブラウン、パリ、フランス
1982年 「黒は黒」 写真美術館、シャーレロワ、ベルギー
1982年 「白岡 順」 ワークギャラリー、チューリッヒ、スイス
1982年 「白岡 順」 国際写真週間、グアダラハラ、スペイン
1983年 「白岡 順」 ギャラリー ペニングス、アイントホーヘン、オランダ
1984年 「観よ。而して観よ。」 ツァイト フォトサロン、東京
1986年 「白岡 順」 フォーラムフォトガレリア、タラゴナ、スペイン(カタロニア春の写真祭)
1987年 「怨念」 ギャラリー ジャン=ピエール・ランベール、パリ、フランス
1987年 「白岡 順」 ニコンギャラリー、チューリッヒ、スイス
1988年 「白岡 順」 クライスラー美術館、ノーフォルク、バージニア、USA
1988年 「白岡 順」 フォーラムドリマージュ、ブラニアック、フランス
1989年 「白岡 順」 ル・パルヴィ、タルブ、フランス
1989年 「パリ - アルザス」 ギャラリー ジャン=ピエール・ランベール、パリ、フランス
1989年 「多義性、曖昧性、明証性」 ポサダデルポトロ、コルドバ、スペイン(コルドバ写真ビエンナーレ)
1990年 「白岡 順」 ギャラリー イン・イクストリミス、ストラースブルグ、フランス
1990年 「白岡 順」 ギャラリー スペクトラム、サラサゴ、スペイン
1990年 「白岡 順」 アートテク、ヴィトレ、フランス
1990年 「白岡 順」 アーキテーヌ美術館、ボルドー、フランス
1990年 「白岡 順」 ギャラリー ヴィソル、バレンシア、スペイン
1990年 「午後の終りの微風」 ギャラリー ジャン=ピエール・ランベール、パリ、フランス(パリ写真月間)
1991年 「白岡 順」 文化活動センター、サン・シール・レコール、フランス
1991年 「春の海風」 ギャラリー ル・リュウ、ロリエント、フランス
1991年 「夏・午後の終りに」 パルコ・イクスポージャー、東京
1991年 「白岡 順」 アートテク、グルノーブル、フランス
1992年 「野中の春を」 フォト インターフォーム+フォト アトリエ、大阪
1992年 「苳の花」 パストレイズギャラリー、横浜
1992年 「春の悲しみ」 川崎市市民ミュージアム、川崎
1993年 「肌理、フランスの艶麗」 パストレイズギャラリー、横浜
1993年 「白岡 順」 リマジェリー、ラニオン、フランス
1993年 「出立に」 ギャラリー ジャン=ピエール・ランベール、パリ、フランス
1994年 「ヌード・五月雨のあとに」 ツァイト フォトサロン、東京
1995年 「感情と経験」 エスパス オカーレンス、モントリオール、カナダ(モントリオール写真月間)
1996年 「旅」 パストレイズギャラリー、横浜(横浜国際写真フェスティバル)
1997年 「残暑」 パストレイズギャラリー、横浜
1998年 「フランスにて」 ザ サードギャラリー アヤ、大阪
1998年 「白岡 順」 市立ギャラリー シャトー・ド・オウー、ツールーズ、フランス
1998年 「記憶の芸術」 ローマ日本文化会館、ローマ、イタリア
1999年 「白岡 順」 ル・パルヴィ、タルブ、フランス
1999年 「エトランジェ」 ギャラリー カメラオブスキュラ、パリ、フランス
2000年 「エトランジェ2」 パストレイズギャラリー、横浜
2000年 「秋の日」 川崎市市民ミュージアム、川崎
2001年 「もののあわれ」 北鎌倉ワイツギャラリー、鎌倉
2003年 「白い夏」 ギャラリー工房 親、東京
2003年 「秋の色」 ニコンサロン銀座 東京、梅田 大阪
2003年 「表現できない現実」 山口画廊、千葉
2005年 「客観記述」 山口画廊、千葉
2010年 「梅雨と白雨」 ブルームギャラリー、大阪

◆グループ展
1978年 ”サム・ワグスタッフ コレクション”、コルコランギャラリー、ワシントンDC、USA (巡回展)
1984年 ”7人のキュレーターが見た現代写真”、AIPAD(国際写真アートディーラー協会)、ルーズベルトホテル、ニューヨーク、USA
1984年 ”クリエイティブフォトグラフィー”、パリ国立図書館15年間収蔵現代写真、パビヨンデザール、パリ、フランス (パリ写真月間)
1985年 ”パリ-ニューヨーク-東京”、筑波写真美術館、筑波
1985年 ”シデラシオン”、フランスの写真、C・C・C、ツール、フランス
1988年 ”肉体の栄光と悲惨”、パリ市立近代美術館、パリ、フランス
1988年 ”マテリア プリマ”、地中海地方写真協会、プロバンス・アルプス・コートダジュール地方現代芸術基金、マルセイユ
1989年 ”ある芸術の発明”、写真発明150周年記念、フランス国立近代美術館・パリ国立図書館主催、ジョルジュ・ポンピドゥー センター、パ
リ、フランス
1990年 ”会話”、近代・現代美術館、ストラースブルグ、フランス
1991年 ”フランス国立図書館写真コレクション”、サロン デクーベルト、グラン パレ、パリ、フランス
1992年 ”空間の奥行”、ガレリア デル クレディット ヴァルテリネゼ、ミラノ、イタリア
1993年 ”はるかな空の下で”、東京都写真美術館、東京
1996年 ”フランスにおける現代写真”、フランス国立現代芸術基金・国立近代美術館10年間収蔵作品、ジョルジュ・ポンピドゥー センター、パ
リ、フランス
1998年 ”パリの写真家たち”、ジョルジュ・ポンピドゥー センター写真コレクション、東急文化村、東京
1999年 ”日本への視線”、モデナ市民美術館、モデナ、イタリア
1999年 ”見える物体(陰翳礼讃)”、アルル フォト フェスティバル、アルル、フランス
2000年 ”陰翳礼讃”、川崎市市民ミュージアム、川崎

◆コレクション
フランス国立図書館、パ リ、フランス  
国立現代芸術基金、パ リ、フランス
国立近代美術館(ジョルジュ・ポンピドゥー センター)、パ リ、フランス 
ヨーロッパ写真会館、パ リ、フランス
パ リ市立歴史図書館、パ リ、フランス  
パ リ市文化事業局、パ リ、フランス
近代・現代美術館、ストラースブルグ、フランス 
プロバンス・アルプス・コートダジュール地方現代芸術基金、マルセイユ、フランス
ル・パルヴィ、パ リ、フランス 
アートテク、グルノーブル、フランス
アートテク、ヴィトレ、フランス
市立ギャラリー シャトー・ド・オウー、ツールーズ、フランス
クライスラー美術館、バージニア、USA
ニューヨーク近代美術館、ニューヨーク、USA  
メトロポリタン美術館、ニューヨーク、USA  
ゲティー美術館、マリブ、カリフォルニア、USA  
川崎市市民ミュージアム、川崎  
東京都写真美術館、東京  
東京国立近代美術館、東京  
釧路芸術館、釧路  
沖縄県立博物館・美術館

《 関連イベント 》

展覧会初日の6/1(火)に白岡順を交え、下記の通りイベントを開催いたします。
トークショーにつきましては、席の関係上、事前予約が必要となりますので、
下記イベント参加フォームでお申込みいただくか、電話(06-7171-9849)にてご予約ください。

19:00~ アーティストトーク
      参加費:1000円(1drink付) 定員:30名
20:00~ オープニングパーティー (参加費無料)


DSC00459.JPG

DSC00465.JPG

《 レビュー 》

artscape 2010.06.02
小吹隆文氏によるレビュー