ogawayasuo(131126-1201)

Exhibition

小河康雄写真展『Kalaallit Nunaat vol.2 』

2013. 11.26 ( 火 ) - 12.08(日)
13:00-19:00(最終日〜17:00)
月曜日 休廊

第一部:ice and transparent light(氷と透きとおる光)
会期 : 2013年11月26日(火)〜12月01日(日)

第二部:the magichours(マジックアワー)
会期 : 2013年12月03日(火)〜12月08日(日)

作家在廊日:11/30 , 12/1 , 12/7 , 12/8

oy_press.jpg

展覧会概要

ブルームギャラリーでは、小河康雄写真展「Kalaallit Nunaaat vol.2」を開催します。

前作の「the magichours」と「Kalaallit Nunaat 」に続く本展覧会では小河康雄の最新作を展示販売いたします。
また、会期中の前半と後半とでテーマを変え、展示作品を入れ替えします。2度楽しめる本展を是非ともご高覧ください。

皆様のご来廊をお待ちしております。

作家コメント

Kalaallit Nunaat(カラリット ヌナート:グリーンランド人の土地という意味)はデンマーク語ではGrønland、英語ではGreenlandと表記する世界最大の島である。
その島にはカラリット(グリーンランドのイヌイット)とデンマーク人が居住している。島の大半が北極圏に位置し、面積の80%以上が氷床と万年雪に覆われている。
氷床からフィヨルドにかけて氷河が形成され、流れ出た氷塊は砕けて様々な大きさの氷山となり、流氷となり、やがて水に帰っていく。
二回目となる今回の展示では、極北特有の透きとおる光の中、氷河から流れでた氷が水に帰るフィヨルド、荒涼たる岩山が続く大地、夏でも雪を被る山々、第一部では、『ice and transparent(氷と透明な光)』、

第二部では、『the magichours(マジックアワー)』をテーマに、氷河から流れ出た氷山や氷、荒涼とした大地、厳しい自然の中で生活するカラリットたちの村、ふりそそぐ透きとおった光を撮影した作品を展開します。

作家プロフィール

小河 康雄
OGAWA Yasuo

【略歴】
1962年兵庫県生まれ、神戸市在住

<展覧会歴>
2006年1月 
「a mano a mano」
彩都メディア図書館エキシビジョンウォール

2008年3月
「18」
海岸通ギャラリー CASO

2011年11月
「the magic hours」
ブルームギャラリー

2012年11月
「Kalaallit Nunaat」
ブルームギャラリー