fujii hiroshi(140923-1005)

Exhibition

藤井大【 PIECES OF THE LAND 】

2014.9.23 - 10.05
open:水曜日   16:00 - 22:00(ナイト営業)
open:火・木〜日曜日 13:00 - 19:00
close:月曜日

<作家在廊予定>
9/23(祝)、27(土)、28(日)
10/4(土)、5(日)


dm用.JPG

展覧会概要

【展覧会概要】
ブルームギャラリーでは、9月に個展「藤井大写真展【 PUECES OF THE LAND 】を開催します。
藤井大は、ここ数年和歌山に足繁く通い写真を撮り続けてきました。
本展覧会では、それらの写真の中から約25点を展示いたします。
作家を通して見た風景を是非ともご高覧ください。

【作家コメント】
2012年夏、海の写真を撮りに太平洋に面した土地を訪れた。普段大阪にいると目にすることのない景色を多く見ることが出来た。その後、もう一度その景色が見たくて繰り返しそこを訪れるようになった。
撮影を開始してから時が経つにつれて、フィルムの本数とともに、心の中にその土地に対する思い出のようなものが蓄積してきた。撮影した写真を眺めていると、1カットがジグソーパズルの1ピースに見えてきた。そのジグソーパズルを大きくするために次はまだ行ってない場所に行こう、それが撮影の行動原理だった。
「PIECES OF THE LAND」というタイトルは、写真の1カットずつがその土地を形成する断片になっているという考えから思いついた。
僕の心の中のジグソーパズルは、見る人によっては別のジグソーパズルになることもあるかもしれないがそれもいいと思う。
多分、僕はこの永遠に完成しないジグソーパズルのピースをこれからも探し続けていくと思う。

In summer 2012, I visited to one land facing to Pacific Ocean to take a photo of the sea. I could see many scenes which usually I cannot see in Osaka. Thereafter, I wanted to see the scene and repeatedly visited there.
When time was spend from starting to take photo, something like a memory against the land was accumulated in my mind with the number of films increasing. When I saw the photo of the land, the one cut of photo was looked like a piece of jigsaw puzzle. To go to other places where I have not yet gone in order to spread the jigsaw puzzle was my behavioral principle of taking a photo.
The title “PIECES OF THE LAND” was derived from my consideration that each cut of the photo is the pieces constituting the land.
My jigsaw puzzle would be changed to another by the others watching my photo, but I think that it’s a good. The meaning of the photo is changed every time if the person seeing the photo is different.
Possibly, I may continue to look for peaces of my jigsaw puzzle which would be never finished, in future.



作家プロフィール

藤井大
Fujii Hiroshi

1979年滋賀県生まれ。
大学で分子生物学を学び、その後大阪へ移住。
2008年より写真を始める。2010年にNADAR OSAKA「モノクロ写真教室」でモノクロ写真の基礎を学びグループ展に多数参加。
2013年にNADAR OSAKAにて西村隆史との二人展「CONTRAST」を開催。