写真をつむぐ(150121-0215)

Exhibition

Bloom Gallery group exhibition

写真をつむぐ #01


写真をつむぐグループ.png



ブルームギャラリーでは、2015年1月21日(水)よりグループ展「写真をつむぐ」を開催いたします。

本展覧会は、2015年からスタートするブルームギャラリーとしても新たな試みの企画展で、今後シリーズ化していく予定です。毎回ギャラリーが注目する作家を招き、それぞれの過去作品を中心とした展覧会を開催することで、作家の表現の軸を探り、作品について、検証を試みる展覧会です。
この試みは、各作家の思考を探るプロジェクトとも言えるでしょう。

第1回目は、関西を拠点に活動する上原徹・田中健作・水木塁・吉川直哉に注目し、4名それぞれの過去に展示したシリーズの中から数点ずつ選び展示いたします。

また、会期中の後半には4名の作家とゲストを招いた座談会を開催。
作家それぞれが語る「写真と作品との関係性」を通じて、
「写真とは何か」を来廊者にも考えるきっかけになれば幸いです。

そして、この「写真をつむぐ」シリーズは、長期スパンで国内外を巡回してまわるプロジェクト展を目指します。多様な写真表現を巡る議論を通して、より写真の面白さを社会にひらき、交流を深める。そのようなきっかけになれれば嬉しいです。

皆様のご来廊をお待ちしております。

– 展覧会会期 –

2015年1月21日(水) ー 2015年2月15日(日)

水曜日:16:00 - 22:00(ナイト営業)|木–日曜日:13:00 - 19:00
月・火曜日定休

– 関連イベント –

①出展作家によるクロストークを開催。
日時:2月15日(日)16時 - 17時30分
定員:20名(予約優先)
参加費:800円(配布資料あり)

*ゲストに愛知県美術館学芸員の中村史子氏を迎えたクロストークを開催します。
 後半には来場者とも対話する時間を設けておりますので、是非ご参加ください。


②クロージングパーティー
日時:2月15日(日)18時〜
参加費:無料

*クロストーク後にはささやかなクロージングパーティーを開催します。
 お誘い合わせの上、ぜひお越しください。


イベントの申込みはこちら


作家紹介 Artists

UeharaT.jpg
Facade/[fcd-03_0309-1]

上原徹 Uehara Toru

1980年大阪市生まれ。2003年大阪芸術大学芸術学部写真学科卒、2004年英国王立美術院(Royal College of Art,Photography course)交換留学、2005年京都市立芸術大学大学院美術研究科修了、2011年京都市立芸術大学大学院美術研究科博士(後期)課程版画専攻修了 博士号(美術) 。主な展覧会歴として2008年 『INTERIM SHOW』(京都市立芸術大学新研究棟/京都)、2010年 『INERT MODULES』(AD&A/大阪)、2011年 『京都市立芸術大学大学院美術研究課博士課程展』(@KCUA/京都)、2014年『COINCIDENTAL PERCEPTION』(KUNST ARZT/京都)、2014年 『Layering』 (Gallery Nomart/大阪)など。
その他展覧会に多数参加。

Uehara Toru HP

TanakaK.jpg
The journeyed was over 8,000km.

田中健作 Tanaka Kensaku

1987年兵庫県生まれ。2012年宝塚大学大学院修士課程メディア・造形研究科修了。主な展覧会歴として、2011年個展『Foot-and-Mouth Disease』(みやざきアートセンター、宮崎)、2012年『2012 the 4th DIPE Awards-Dali International Photography Exhibition』(日本人館、大理・中国)、2014年個展 『Tsunami Scars』(ニコンプラザ仙台フォトギャラリー、宮城)など。その他国内外でのグループ展に多数参加。主な賞歴として、2010年に『ミオ写真奨励賞2009』入選、『第18 回川西市展』現代美術部門三席、『第60 回西宮市展』写真部門 西宮市展若手奨励賞、『第48 回兵庫県展」写真部門 兵庫県芸術文化協会賞、2011 年『第19 回川西市展』現代美術部門 三席、『第61 回西宮市展』デザイン部門 入選、2012 年「第62 回西宮市展」彫塑・立体部門 西宮芸術文化協会賞、『Asia Pioneer Photographer Award』Best Ten Photographersなど。

MizukiT.tif
New Reflection (Texture of image) #silver rhyme Ⅱ

水木塁 Mizuki Rui

1983年京都府生まれ。2006年京都市立芸術大学美術学部漆工科卒業、2013年京都市立芸術大学美術研究科博士課程メディアアート領域 満期修了退学。主な展覧会歴として、2013年『flowing urbanity』(ART68 、ケルン)、『TSCA Rough Consensus』(HOTEL ANTEROOM KYOTO、京都)、2014年『TERRADA ART AWARD(T-Art Complex、東京)、『NIPPON NOW Junge japanische Kunst und das Rheinland』(E.ON、デュッセルドルフ)、2015年『TOKYO FRONTLINE PHOTO AWARD NEW VISIONS #1』(G/P+g3/ gallery、東京)など。受賞歴として、2014TOKYO FRONTLINE PHOTO AWARD 2014 #4 審査員賞(大山光平選)。その他Temporary foundation(2014 - )・ヨコハマトリエンナーレ2014(横浜美術館、神奈川)でプロジェクトサポートなどを務める。

Mizuki Rui HP

YoshikawaN.jpg
1936年9月5日のロバート・キャパの目玉に入る

吉川直哉 Yoshikawa Naoya
1961年生まれ。大阪芸術大学写真学科卒、同大学院芸術文化研究科修了。2000年 PROFILES国際写真会議招聘/国際交流基金助成(ポーランド)。2000年~2001年 文化庁派遣芸術家在外研修/Southampton大学客員研究員(ニューヨーク/サンフランシスコ)。2001年 アンセルアダムズセンター招聘講演(サンフランシスコ)。2002年 ハナン国際写真祭(韓国)。2003年 延辺大学美術学部客員教授(中国)。2004年Civitella Ranieri Center選考アーティスト・イン・レジデンス(イタリア)。2012年 第4回大理国際写真フェスティバル出品(中国)、第1回カサブランカ国際ビエンナーレ出品(モロッコ)、現代写真展Towards the Essence 2009-2010出品(ポーランド)、ラビリンス芸術祭(ドイツ・ポーランド国境)出品。2013年 第5回国際写真フェスティバル出品(中国)。国内外で個展、グループ展、芸術祭、ワークショップなど多数。