spectrum(150603-0628)

大坪晶×西村勇人 作品展

Spectrum



【 作家在廊予定 】
大坪晶さん  → 6/6, 11, 13, 20
西村勇人さん → 6/6, 20, 21


otsubo3.jpg“The Hidden Secret of Her #01” 2013, Akira Otsubo

nishimura.pngSynthetic organic chemistry, RIKEN, from series of “Thinkings" Hayato Nishimura


【展覧会概要】

ブルームギャラリーでは、6月3日より大坪晶と西村勇人の2人展を開催します。

大坪晶は、これまで心理学や哲学からの考察を基盤として、個と社会的記憶のつながりを探求する制作を試みてきました。一方、西村勇人は自然や生命に潜む法則の探求の過程と、そこから生まれる知見から想像を膨らませて制作に取り組んできました。両者は背景を異にしつつも、写真というメディウムをベースとして制作意図やテーマにより技法を変え、ときに実験的な制作を試みてきたという共通点があります。
本展では、両者が互いに照射しあい、多面的に人間存在を考察する場とします。

また、会期中には2つのテーマを設け、ゲストを招いたレクチャーやクロストークを開催!!
ゲストの専門的な知見から作品を読み解くといった学際的な場の創出にも試みたいと思います。
写真や美術に興味がある方にオススメのイベントです。
是非ご高覧ください。
皆様のご来廊を心待ちにしております。

– 展覧会会期 –

2015年6月3日(水) ー 2015年6月28日(日)

水曜日:16:00 - 22:00(ナイト営業)|木–日曜日:13:00 - 19:00
月・火曜日定休

– 関連イベント –

①オープニングパーティー(入場無料)

 日時:6月06日(土)17時 -
 どなたでも参加いただけますのでお気軽にお越しください。

②レクチャー【 テーマ:芸術写真とアートとしての写真 】

 ゲスト:中村史子氏(愛知県美術館学芸員)

 日時:6月13日(土)13:30-15:00
 参加費:1000円(ドリンク付) 学生は500円(当日学生証をご提示ください)
 定員:20名(予約優先)


レクチャーのテーマは「芸術写真とアートとしての写真」。写真家や美術家がどのように自分のアイデンティティを確立していったのか。本イベントでは、写真や美術に造詣が深い愛知県美術館学芸員の中村史子氏をお招きし、写真の系譜を追いながら事例を紹介していただく中で、「写真で表現すること」について、来場者とともに再考する機会にしたいと思います。

【ゲストプロフィール 】
中村史子(なかむらふみこ)
2007年より愛知県美術館にて学芸員として勤務。主な企画展に「放課後のはらっぱ—櫃田伸也とその教え子たち」(2009年)、「魔術/美術」(2012年)、「これからの写真」(2014年)がある。また、あいちトリエンナーレ2013のアシスタント・キュレーターを務める。



③クロストーク【 テーマ:記憶の断片−人と科学と写真 】

 ゲスト:駒井章治氏(奈良先端科学技術大学院大学准教授【神経科学】)

 日時:6月20日(土)16:00-17:30
 参加費:1000円(ドリンク付) ※学生は500円(当日学生証をご提示ください)
 定員:20名(予約優先)


クロストークのテーマは「記憶の断片−人と科学と写真」。本イベントでは、「記憶」を軸に、「人・科学・写真」の3つの関係性について考える場を設けました。多様な写真表現を行う大坪と西村の両者に作品について語っていただくことに加え、ゲストとしてお招きする神経科学を専門とする駒井章治氏の知見を交えることで2名の作品の特徴や作家性について科学の視点からも捉えてみようという試みです。そして、「アートと科学」との関係性などについても来場者とともに考える機会になればと思います。

【ゲストプロフィール 】
駒井章治(こまいしょうじ)
KOMAI LABサイト
奈良先端科学技術大学院大学バイオサイエンス研究科准教授。専門は神経科学。みんなが面白いと思える科学を目指して脳科学を中心に研究を進めている。2010 年には日本学術会議若手アカデミー活動検討分科会のメンバーに加り、2011 年にはGlobal Young Academy のExecutive Committee メンバーとして選出。将来的に性別・年齢・人種などの区別が無く、科学者全員が活躍できるチャンスのある社会を目指すとともに世界規模での若手研究者の活性化にも尽力している。




作家紹介 Artists


大坪 晶(Akira Otsubo)
2011年 東京藝術大学先端芸術表現科専攻 修士課程修了、2013年 プラハ工芸美術大学(AAAD)M.F.A。
主な展示に、Gallery UNITÉ KYOTOGRAPHIE KG+ (京都 2014)、MUNIKAT gallery (ドイツ・ミュンヘン2013)、Běhal Fejér Institute(チェコ・プラハ 2013)、Nordart 2013(ドイツ・レンツブルク2013)、DOX プラハ現代アートセンター(チェコ・プラハ 2012)、ニコンサロン大阪(大阪 2012)等。
作家ホームページ


西村 勇人(Hayato Nishimura)
主な展示に、MATSUO MEGUMI+VOICE GALLERY pfs/w(京都 2014/2013/2010)、Tokyo Lightroom(東京2014/2013)、M2 Gallery(東京 2014/2012/2011)、函館市地域交流まちづくりセンター(北海道・函館 2013)、コニカミノルタプラザ(東京 2012)、Place M(東京 2010)等。