根来真輔【REARITY】(151027-1108)

根来真輔

REALITY

【在廊予定】
10月27日、11月1日、11月8日

negoro1_1200.jpg

negoro2_1200.jpg



【展覧会概要】

ブルームギャラリーでは、10月27日より根来真輔写真展「REARITY」を開催します。

作家初個展となる本展では「人が捉える現実」をテーマにした作品約15点を展示いたします。

是非ご高覧ください。皆様のご来廊を心待ちにしております。


【作家コメント】

私は人が捉える「現実」のあいまいさに興味があります。
何かモノを認識するプロセスにおいて、個々の環境や価値観、歴史認識を通してでしか物事を捉える事はできないと考えます。それは「私」というフィルターで編集・加工された事実が、個々の真実として認識に至り現実を構成し、そのような主観的に捉えられた事実が現実のすべてであるかのように認識してしまう。そういった私たちが捉える「現実」というものは、どこか幻影的で虚構的なものだと考え、そこに「リアリティ」を感じるのです。

例えばガラスなどに写り込んだ人の像を見て、その写り込んでいる人と目が合ったときに感じるあの奇妙な感覚。そこには虚像を超えたリアルな存在感を受けると同時に、今この瞬間が現実なのか虚構なのか、その現実と虚構とが交錯する感覚にとらわれます。そして日常の中においても、虚像が強い「リアリティ」を生み出す瞬間に出会った時に、人が捉える「現実」の曖昧さ、というどこか幻影的で虚構的な感覚を重ね合わせるのです。

私はそんな情景が、現代社会にある私たちの存在そのものにも何かリンクするような印象も受けます。物事がアナログの時代からデジタルへと移行するにつれ、私たちの世界は現実ではないリアリティ、つまり実体の伴わない虚構がより広がりをみせ、本来の現実的なものが相対的に薄められているように感じます。私はそこに、現代社会における人の存在の希薄さや不確かさ、そして曖昧さや虚構感のようなものも見いだすのです。

── 根来真輔

– 展覧会会期 –

2015年10月27日(火) ー 2015年11月8日(日)


火ー金曜日:13:00 - 20:00|土・日曜日:11:00 - 18:00

11月2日、3日休廊


作家紹介 Artists


根来 真輔
Negoro Shinsuke

1973年 大阪生まれ
2008年 写真表現大学で写真表現を学び、現在、研究ゼミ2に在籍。
    「人が捉える現実」をテーマに作品制作に取り組んでいる。

グループ展
2010年 「写真表現大学ゼミ1グループ展」 ブルームギャラリー/大阪