フィリップサルーン

【プリンター】という仕事

product_full_10713.jpeg product_full_6163.jpeg


ブルームギャラリーでは、8/31に【「プリンター」という仕事】と題し、フランス在住のフィリップ・サルーン氏をお招きしたワークショップを開催します。

ギャラリーでは、2013年6月にサルーン氏の写真展を開催。動物や人物、彫刻、街角などを被写体としながら彼独自のユーモアさを交えた写真はとても好評でした。一方で彼は写真家であると同時にプリンターとしても有名です。これまでにロベール・ドアノーやエドワード・ブバ、ビル・ブラントなどのポートフォリオを作成し、プリント技術も非常に長けています。

今回、サルーン氏は8月後半に東京で開催される写真展で来日。
嬉しいことに大阪にも1日来ていただけることになりました。

イベントでは、前半にサルーン氏がプリンターとして実際にプリントした銀塩モノクロプリントを見ながら作家とプリンターとの関係やエピソードなどについて話をしていただき、後半に参加者の持参したプリントを見ながら技術的なアドバイスをしていただく予定です。
フランス語通訳は、サルーン氏とも長年交流のある倉持和江氏(G.I.P Tokyo)がする予定です。

参加者が持参されるプリントについては、銀塩のモノクロプリントに限定させていただきますが、プリンターとしてのサルーン氏の話やアドバイスはなかなか聞ける機会はなく、また非常に勉強にもなると思います。

この貴重な機会に皆様のご参加をお待ちしております。

「プリンター」としての仕事

◎日時:8/31(日)
◎時間:14:00 - 16:00
◎講師:フィリップ・サルーン氏(プリンター、写真家)
◎対象:
    ファインプリントに興味がある方
    作家を目指す方
    銀塩モノクロプリントのプリント表現を高めたい方 など
◎定員:
    トーク + プリントアドバイス 6名 ・・・・・・
    トーク + プリント見学    20名
◎参加費:
    トーク + プリントアドバイス 4,000円(学生:2,000円)
    トーク + プリント見学    2,000円(学生:1,000円)

◎持ち物:プリントアドバイスを受ける方は、銀塩モノクロプリントを持参ください。
    (枚数指定やサイズ指定は特にありません)

◎会場:ブルームギャラリー内ワークルーム

◎主催:ブルームギャラリー 協力:G.I.P Tokyo

◎フランス語翻訳:倉持和江氏(G.I.P Tokyo

イベントの申込みはこちら

<講師 プロフィール>

Philippe Salaün
フィリップ・サルーン

1943年フランス生まれ。
1968年にパリでスタジオの助手となり、写真家として歩み始める。
一方で、プリントアーティストへの道は1970年プロラボでの技術習得から始まっており、この時期から撮影はモノクロが多くなってきた。
1979年には、個人で初めてのプリント専門のアトリエをパリでスタートさせ、これまでに、ロベール・ドアノー、エドワード・ブバ、クロード・バトー、ビル・ブラント等、フランスを中心としたヨーロッパの著名写真家のポートフォリオを作製し、プリントアーティストとしての地位を築きあげた。
これまでに数回来日し、個展やワークショップなどを開催。
プリントのワークショップでは、暗室作業のわかりやすさが多くのファンから指示を得ている。
今年初めにはマイアミのEATON FINE ARTで個展「The Funny Side of the Street」を開催。
写真家として、またプリントアーティストとして幅広く活動し、若い人の指導にも当たっている。
現在パリ在住。